今すぐお金借りたい

今すぐお金借りたい!即日融資可能なお金を借りる方法ガイド

このサイトでは、以下の内容をご紹介しています。
  • 今日中にお金を借りるための方法
  • すぐに借りれるおすすめカードローン
  • 色々なお金を借りる方法

結論から言うと、今日中にお金を借りるなら、プロミスアコムを利用するのがオススメです。プロミス、アコムともに最短即日融資に対応している上、初めてのご利用なら30日間の無利息サービスがついているのでとてもお得にお金を借りれます。

 

【最短1時間】今すぐ借りれる安心カードローンを確認してみる>>

 

今日中にお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

とにかく今すぐ急ぎでお金を借りたいなら、まずは各社で実施されている簡易審査を受けて借入可能か判定してもらうのがオススメです!簡単な質問に答えるだけで数秒程度で結果が判明します。

今すぐプロミス簡易審査を受審>>

アコム

はじめてのアコム♪キャッチーなCMでおなじみのアコムは、はじめてお金を借りる方によく利用されるカードローンです。初回利用の場合、30日間の無利息サービス期間があります。

アコム公式サイトへ>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込から借入までネットで全て完結することができます。審査もスピーディーなので今日中に借りたいという多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入ができます。

プロミス公式サイトへ>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

今日中にお金を借りるなら信頼できる大手が安心

 

プロミス・アコムどちらとも大手金融グループに属しています。

 

  • アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミスはSMBCグループ

 

今日中に借りたいなら、細かいことを吟味している時間はありません。そうした場合、信頼できる大手を頼るのが安心です。その点、アコムもプロミスも大手金融グループの一員で、信頼性も知名度も抜群なので、今日中に借りたい方にぜひともオススメしたいサービスです。

 

【即日融資可能カードローン】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスなら審査時間30分で審査完了するのですぐに借りることが可能です。三井住友フィナンシャルグループと大手の銀行グループがバックにいるので安心してお金を借りることができます。女性オペレーターが電話対応してくれるプロミスレディースも男女問わず人気です。

↓※女性でも男性でも利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\30日間利息ゼロ円♪即日借りるならプロミス!/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは24時間365日お申し込み可能なカードローンです。最短30分というスピード審査が特徴で即日融資可能!大手消費者金融の中でアコムは貸付残高No.1!と安定的な人気があります。
\最短1時間で借入可能!その上30日間利息0円!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webから申込むめば最短60分でのご融資が可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCモビット
※申込の曜日・時間帯により翌日以降の取扱いとなる可能性があります。
WEB完結申込なら、「郵送物なし!」「電話連絡なし!」で周りの人に知られず利用できます。三井住友銀行グループなので初心者も安心です!
\30代以上の方が数多く利用しています/

 

【当サイト厳選】人気の一押しカードローン
今日中にお金を借りたいなら

がオススメ。プロミス、アコムのどちらとも申し込み・審査・借り入れという一連の手続きが非常にスムーズなので、最短即日でお金を借りることができます。今日中にお金を用意する必要がある方にとてもオススメです。

 

初回利用の場合、プロミスもアコムも30日間無利息サービス期間がありますので、サクッと借りて無利息期間中に返済すればまったく利息をかけずにお金を借りることも可能です。

 

カードローンの基礎知識

 

利用できる方の条件

お金を借りる人が満たしているべき条件があります。
それは、

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

の2つの事項です。
お金を借りる行為は法律に規定された契約行為です。そのため、20歳以上でないとお金を借りることが出来ないのです。
お金を貸し出す業者は、貸したお金の元本と利息をきちんと返済してもらわないと貸し倒れになってしまいます。そこで、ちゃんと返済していってもらえるよう安定した収入があることが条件になっているということです。消費者金融だけでなく銀行などで借入をする際にも条件は同じです。

申込みの方法

カードローンを使ってお金を借りる最初のステップが『申し込み』です。ご近所に自動契約機や契約窓口があるなら、そちらで申し込むこともできます。しかし、近年ではたくさんの方がスマホやパソコンから簡単手続きで申し込みをしています。
有名な大手消費者金融会社では、特に融資までのスピードを重視しているところが多く、申し込みから最短30分で利用可能と謳っている消費者金融もあります。
このサイトでも、オススメカードローンを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

審査について

申し込みが終わったら次のステップは『審査』です。審査内容の詳しいところは、いずれのカードローン会社も公開していません。
とはいえ、間違いなく言えるのは、『貸したお金を滞りなく返済してけるか』という視点から審査されるということです。回収不能になってしまっては、カードローン業者の商売が成り立たないからです。

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 借入履歴

 

といった項目が審査対象になってきます。
それと、業者によってすこしずつ違ってくることもありますが、申込の際に申告した勤務先にきちんと在籍しているか在籍確認の電話連絡が入ることもあります。
ただ、中にはカードローンでお金を借りていることを会社の同僚など周囲に内緒にしておきたいという人もいると思います。そういった利用者の気持ちを気遣ってか、在籍確認の電話の際に業者名を名乗らず個人名や架空の会社の名前を名乗って電話をかけてくることがほとんどです。また、そもそも電話連絡による在籍確認をしていないカードローンもあります。

電話連絡で在籍確認をしないカードローン>>

 

金利について

カードローンでお金を借りると利息がかかってきます。いったい利息がいくらかかるのか気になるというのは、お金を借りたい人には気になるところだと思います。
お金を借りた際にかかる利息は以下の計算式で計算できます。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

返済方法

借りたお金を返済するのは簡単です。指定された返済期日までに、ご近所のコンビニATMからローンカードで入金をすれば返済出来ます。
そのほか、ご自身の口座からの引き落としや指定銀行口座への振り込みによる返済にも対応しているカードローンもあるので幅広い方法から便利に返済することが出来ます。
早期に返済完了するための知恵として、繰り上げ返済をする方法があります。例えば、もともと定められていた返済額が5,000円だったとしても10,000円入金をするとその分だけ残高が早く減ることになり、支払う利息を少なく済ませられます。どうせいずれは全額返済しないといけないなら余裕を持って早め早めに支払うといった考え方を持てば、借金はみるみる減っていきます。結果として、これが後々のことを考えると楽です。
一般的に、消費者金融は金利が高いと言われるようです。しかし、借りるお金がそれほど大金でなく少額ならすぐに返済することもできます。借りた翌日から30日間は無利息で利用できるお得なカードローンもありますので、うまく利用すればとてもお得にお金を借りることができます。

30日間無利息で借りれるカードローン>>

 

総量規制とは?

消費者金融などは、債務諸保護を目的とした貸金業法という法律の規制を受けます。この貸金業法において『総量規制』というルールが定められていて、『年収の3分の1までしか借入が出来ない』ということになっています。クレジットカードのキャッシグや消費者金融のカードローンは、この賃金業法の規制を受けるので総量規制のルールが適用されます。そのため、もしも仮に、あなたの年収が450万円だったとするなら、いくら多くても総合計で150万円までしかお金を借りられないということになります。

 

今日中にお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

とにかく今すぐ急ぎでお金を借りたいなら、まずは各社で実施されている簡易審査を受けて借入可能か判定してもらうのがオススメです!簡単な質問に答えるだけで数秒程度で結果が判明します。

今すぐプロミス簡易審査を受審>>

アコム

はじめてのアコム♪キャッチーなCMでおなじみのアコムは、はじめてお金を借りる方によく利用されるカードローンです。初回利用の場合、30日間の無利息サービス期間があります。

アコム公式サイトへ>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込から借入までネットで全て完結することができます。審査もスピーディーなので今日中に借りたいという多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入ができます。

プロミス公式サイトへ>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

カードローンのよくある質問

 

家族や会社にバレませんか?

カードローンの申込みの際にカード受け取り方法や在籍確認方法を工夫すればバレずにお金を借りることは可能です。一般的に、在籍確認の電話連絡の際に勤務先にバレやすいと思われることが多いと思いますが、実は要注意なのがカードローン会社から届く郵便物です。実際には、借入した後にバレてしまうということも多いようです。
会社や家族にバレずにお金を借りたいということなら、郵送物なし、電話連絡なしでお金を借りる事が出来るカードローンを利用するのがよいでしょう。

 

電話連絡なし・郵送物なしで利用可能なカードローン>>

 

お金を借りる際、目的は何でもいいのですか?

住宅ローンや自動車ローンなどのように、お金を借りる方法の中には利用目的が制限されるものがあります。それに対し、カードローンでは借りたお金の使い道は特に限定されていませんので、基本的には何に使っても大丈夫です。

複数の会社から借入しても大丈夫ですか?

借入する会社の数には、特に制限はありません。総量規制により、借入合計額が「年収の3分の1まで」となりますが、その範囲内であれば何社でも利用可能です。ただし、あまりにも借入件数が多くなりすぎてしまうと、新規に申し込みをしようとする場合に審査に不利に働くことがあります。「ちゃんと返済できるの?」と危ぶまれてしまうからです。この状態を「申し込みブラック」といいます。

返済はどのような方法でおこないますか?

借りたお金の返済は、ご近所のコンビニのATMからの入金により簡単にできます。その他、業者指定の銀行口座振り込みによる返済や、ご自身の銀行口座からの引き落としによる返済に対応している業者もあります。詳細は、ご利用されるカードローン会社公式サイトをご覧いただければと思います。

借入金額はいくらまで可能ですか?

貸金業者である消費者金融系のカードローンは、貸金業法内で定められた「総量規制」というルールが適用されます。そのため、利用している複数のカードローンの借入額を合算して「年収の3分の1」というのが借り入れできる総合計額と言うことになります。

1万円など少ない金額の借入でも大丈夫?

消費者金融でお金を借りるのは30万円とか50万円とか、それなりにまとまった金額を借りることをイメージされる方もいると思います。しかし、実際には大手の消費者金融では、最低借入額を指定していないところが多く、最低借入額を指定している場合も「1万円」から借入可能というところばかりなのです。ですので、たとえ少額の借入であっても、気にせず安心して利用できます。

アルバイト・パートでもお金を借りることが可能ですか?

カードローンの利用条件は「定期的な収入があること」と「20歳以上であること」です。アルバイトであってもパートであっても「定期的な収入」という条件を満たすことが可能ですので、借入ができる可能性はあります。

学生でもお金を借りることができますか?

20歳以上の方でアルバイトをされているのなら、学生であってもカードローンの利用資格を満たしますので、借り入れが行える可能性はあります。

女性にも安心して借りられますか?

当サイトで紹介しているカードローンならどれでも女性も安心して利用できます。特に、女性スタッフが対応するプロミスレディースはオススメです。

主婦でも借りることができますか?

勤めに出ていない専業主婦なら利用できません。しかし、パートのお給料など定期的な収入があるなら主婦でも借入ができる可能性はあります。

 

今日中にお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

とにかく今すぐ急ぎでお金を借りたいなら、まずは各社で実施されている簡易審査を受けて借入可能か判定してもらうのがオススメです!簡単な質問に答えるだけで数秒程度で結果が判明します。

今すぐプロミス簡易審査を受審>>

アコム

はじめてのアコム♪キャッチーなCMでおなじみのアコムは、はじめてお金を借りる方によく利用されるカードローンです。初回利用の場合、30日間の無利息サービス期間があります。

アコム公式サイトへ>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込から借入までネットで全て完結することができます。審査もスピーディーなので今日中に借りたいという多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入ができます。

プロミス公式サイトへ>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

他のお金の借り方は?

ここではお金を借りることができる様々な方法をご紹介します。ご自身の目でぜひ比較してご検討いただけたらと思いますが、利用条件が大変厳しいもの、利用目的が制限されているも等デメリットのあるお金の借り方も多くあります。
  • 即日融資にも対応可能
  • 申し込み手続きが簡単
  • 信頼できる大手が実施
  • 無利息キャンペーンを実施
  • 利用目的が限定されない

といったことを考えると、やっぱりプロミスアコムでお金を借りるのが賢明な選択だと思われます。

 

【最短1時間】今すぐ借りれる安心カードローンを確認してみる>>

 

 

銀行系カードローン

銀行系カードローンは消費者金融に比べた場合、多少は金利が低いというのがメリットです。しかしながら、銀行系カードローンは消費者金融に比べ断然審査が厳しくなってしまいます。また、その分審査にも時間を要するので、実際にお金を借りるまでに時間がかかってしまします。確かに利息が安くて済むことはメリットとしてありますが、審査に要する時間を考えると、今すぐにでもお金を借りたいという方にはおすすめできません。

銀行の目的別ローン

銀行では、カードローン以外にも融資を行っています。銀行の目的別ローンと銀行カードローンの大きな違いは、目的が限定されるかどうかです。カードローンでは使用目的が限定されないのに対して、目的別ローンでは、その名の通り、借りたお金の使い道が限定されているということです。
銀行によって、様々な目的別ローンが設定されています。一例を挙げると、ブライダルローン、教育ローン・トラベルローン、リフォームローン、マイカーローンなどがあります。
多くの目的別ローンは低金利というメリットがあります。しかし、審査にとても時間がかかりますし、目的によってはお金を借りられないというデメリットもあるので、急ぎでお金を借りる必要がある場合には向いていません。

クレジットカードのキャッシング機能

多くのクレジットカードには「キャッシング枠」が割り当てられています。このキャッシング枠を利用することによって、銀行ATM、コンビニATMなどで簡単にお金を借りることができるかもしれません。とはいえ、キャッシング枠を使うためにわざわざこれからクレジットカードを作るのは、早急にお金を借りるときには現実的ではありません。なぜなら、カードの発行までに少なくとも数日以上かかってしまうからです。すでに現在お持ちのクレジットカードがあって、そのカードがキャッシングに対応しているのなら選択肢の1つとなってくるでしょう。
ただ、クレジットカードのキャッシングはとても金利が高いことがデメリットです。クレジットカードのキャッシングでは、最大金利の18%で貸付を行っているところが多いです。また、クレジットカードのキャッシングでは、消費者金融のカードローンと違って繰り上げ返済はできません。利息を安く済ませるためにと予定された返済日から前倒しして早めに返済しても、利息は安くならないのです。こういった事情があるので、消費者金融のカードローンでお金を借りたほうが、クレジットカードのキャッシングよりも利息を安く済ませることができるうケースが多いです。

ろうきん(労働金庫協会)で借りる

ろうきんというのは、『労働金庫』の略称で全国に13団体が存在しています。お住まいの住所地により、利用できる団体は異なります。。ろうきんにもカードローンがあって、その地域で働いている人なら誰でも利用できます。(もちろん審査通過は必要です。)東京都なら中央ろうきん、大阪府なら近畿ろうきんを利用することになります。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、失業等の事情で生活に困っている人向けの公的貸付です。各地域の社会福祉協議会が窓口になっています。生活福祉資金貸付制度では以下のような種類の貸付があります。

  1. 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  2. 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)
  3. 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  4. 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)

この生活福祉資金貸付制度を利用するには、

  • 仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯
  • 生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯
  • 障がい者手帳を持っている障がい者世帯

などに該当していなければなりません。この制度の特徴は利息が非常に低いことです。国の貸付制度は審査基準がとても厳しいため、よほど困窮した状況でない限り審査に通ることはないと思われます。そのため、年金・失業保険を受給している場合、生活保護を受けている場合、他の借入が出来る場合などは生活福祉資金制度を利用しての借入は不可能である可能性が高いです。

学生ローンで借りる

学生なら『学生ローン』を利用するという選択肢もあります。学生ローンの審査においては、借りたお金の使い道が重要視されます。限度額はそれほど高くならないためそこまで大きな金額は借りられません。難点として金利は高くついてしまいますが、学生で利用目的がしっかりしているなら学生ローンの利用も選択肢の1つとなるでしょう。

ビジネスローン

事業用資金が必要なら、ビジネスローンという選択もあります。ビジネスローンは、総量規制対象外なので年収の3分の1以上の借り入れも可能です。個人向け融資と違って金利が低いというたメリットもあります。ただし、審査に数日〜1か月程度かかってしまうので、今日中にでもお金が必要という急ぎの場合には適していません。

奨学金

奨学金は、進学に必要な生活費や学費を支援してくれる制度です。よって、奨学金を利用できるシチュエーションは大変限定的です。大学卒業後に借りたお金を返還する「貸与型」と返還する必要のない「給付型」があります。主な奨学制度としては

  • 日本学生支援機構
  • 大学独自治の奨学金制度
  • 民間団体・その他の奨学金
  • 地方自治体の奨学金制度

などがあります。
奨学金受給に際しては、とても厳密な審査が行われます。成績はもちろん学費の総額や通学手段も対象項目で、返済していく年数や奨学金の金額や金利も変動していきます。

家族や親族からお金を借りる

家族(親兄弟や配偶者)や親戚からお金を借りられるならおすすめできる方法の1つです。法律上契約行為がまだ行えない中学生や高校生等の未成年は、事実上、家族を頼ってお金を借りるしかないということも多いと思います。
しかし、家族や親戚からお金を借りる際に注意しなければならないことが2点あります。それは、1.お金を借りる理由を明確にすること、2.返済トラブルの防止に努めること、の2つです。家族や親戚からお金を借りる時には、必ず使い道について申告しなければいけないでしょうから、納得させられるだけでの正当な理由が必要になってきます。また、家族や親戚だからといって甘えずにきちんと返済していくことが大切です。

街金

街金は中小規模の消費者金融会社です。大手消費者金融のように知名度は高くないかもしれませんが、国や都道府県に貸金業登録をしている正当な業者です。大手のように手広く展開していませんが、限定された地域で個人を対象とした小口融資を実施しています。
注意点として、貸金業登録を行っていない違法な街金が中には存在することです。貸金業登録を行っている正当な業者かどうかを確認するには、財務局の公式WEBサイトを見れば簡単に行うことが出来ます。

ヤミ金

ヤミ金というのは、貸金業法に定められた貸金業者登録を行わずに違法に貸金業を行っている業者です。映画や漫画でよく描かれていますが、厳しい取り立てや法外な利息を請求して違法に営業を行っていたりします。
ヤミ金は、貸金業登録をせず営業しているので、財務局のサイトをチェックしても業者名が出てくることはありません。法外な金利で貸付したり、あえて完済させないなど、あの手この手をつかった悪質な業者が存在しています。ヤミ金からお金を借りるのは非常に危険です。ヤミ金でお金を借りたばかりに、破滅の人生をたどるということになってしまってはイケません。危険な行為なので絶対にやめてください。

 

今日中にお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

とにかく今すぐ急ぎでお金を借りたいなら、まずは各社で実施されている簡易審査を受けて借入可能か判定してもらうのがオススメです!簡単な質問に答えるだけで数秒程度で結果が判明します。

今すぐプロミス簡易審査を受審>>

アコム

はじめてのアコム♪キャッチーなCMでおなじみのアコムは、はじめてお金を借りる方によく利用されるカードローンです。初回利用の場合、30日間の無利息サービス期間があります。

アコム公式サイトへ>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込から借入までネットで全て完結することができます。審査もスピーディーなので今日中に借りたいという多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入ができます。

プロミス公式サイトへ>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。